スポンサーサイト

  • 2009.01.06 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


散歩

20061026_138008.JPG
出勤前にちょっとお散歩。

すごく天気よくて、気温もちょうどいい。
このままツーリングに行きたくなるが、我慢。
10分ほど走ると、海にたどり着く。
それまでの道程はちょっとした山道を走る。

気分転換には最高だ!

湯谷温泉レポ

今日は、本当の予定ではバイト行くはずだったんだが、土曜日と同じ現場と言う事で、気分悪いから休みを取り、金曜日雨で行けなかった湯谷温泉まで行って来た。
ルートは、俺の住んでるアパート横のR301を使い、愛知県新城方面へ。
三ヶ日過ぎると、宇利峠に突入。

すると、峠付近は道が狭い!
なぜ、こっちは1.5車線、又は1車線道路が多いんだろう?
峠越したあとは、県道81号を使い、R257へ。
この道もまた、峠になると狭い!
面白いからいいんだけどさぁ。

途中から、R257までヤマハのビックスクーターMAXAMと走る事に。

抜かしたかったんだが、速度が60キロだったため、止めといた。だって、マグナ50は、75キロがいいとこなんだもの…。

R257に出てから、鳳来に入り、R151に乗換える。
すると、すぐに湯谷温泉にたどり着く。
距離は、52kmとプチツーリングには最適な距離。
時間だって、1時間弱で着く。

温泉は、『食事処ゆかわ』
宇連川沿いで、露天風呂しか無く、女性専用と、混浴の二つのみ。
もちろん、専用があるため女性はいません!
で、露天風呂からは宇連川の大滝と崖からの小規模な滝が見れる。
日曜の為、お客さんも数人いた為、いいポイントで景色は見る事出来なかった。
20分から30分ぐらいは湯船にいて、いつまでも岩で涼んでる人達はよけないから、上がる事に。
すると、奴等も上がって来だした。
ちょっと気分悪くなる。

休憩所で、ソフトクリームを食べながら体を冷やす。
ちょっとのぼせた感じになっていたのだ…。

その後、宇連川沿いを北上し、いい景色にぶち当たる。
そこで数分涼み、再出発。
途中まで来た道を戻り、県道使わずそのままR257を使い、道の駅『鳳来三河三石』に立ち寄る。
また、休憩。

浜松ナンバーのバイクがいっぱい来てた。
そのなかに俺だけ地方ナンバー、しかも原付…。
まぁ、いつもの事だから、気にしないけどさ!(強気)
この国道は、整備されてるから道幅は普通ぐらいかな?
そのまま、走っても浜松市内入るから、途中で県道68号を使用。

ここで問題発生!
当然ながら、峠に近付くにつれ、道は狭くなるんだが、迷ってしまった…。
どこかで、曲がるべき場所を見落とし、直進してしまったのだ。
でも、舗装された林道走ったからいいか。
車で走ったら面白いかも!

で、道を間違い出た道路は、県道308。ここで間違いに気付いた。

そのまま、狭い道を真っ直ぐ進み走って行くと、記事にも乗せた猪鼻湖が綺麗に見渡せる場所に出る。

写真撮ったら、そのまま下り、三ヶ日市街の変なところから、国道に抜けた…。

あとは、浜名湖沿いの道を通り、湖西に向かい本屋寄って、無事家に到着!

今回の走行距離は、119kmといつもより少ない数字。
これぐらいなら、疲れない程度で、走れる。
また、湯谷温泉近辺行って見よう!

宇連川

20060903_100465.JPG
温泉入った後、線路と宇連川の間の細い道を北上すると、いい景色が現れた。
川を眺め、少し涼んでいた。

いい天気

20060903_100269.JPG
今は湯谷温泉に来ているよ。

帰宅

今日の試合は見ないで朝方、大阪を出発。
予定では、朝3時に出るはずが、5時起床…。

あわてて、支度し6:15出発。

寝坊した時は迷った。見に行こうかなぁってね。

でも、見たあとにマグナ乗って湖西までと言ったら、かなり辛い。
次の日仕事だしね。

帰りはR423を北上し、R171で京都に。
京都に入ると、やっぱりいる二輪組。
町中は車だらけなんだけど、信号待ちには一斉に車の横を通り抜け、先頭へ。
路肩が意外にも広いし、走りやすい。
それに、二輪が走りやすいように路面や看板に指示が書かれてる。
なぜ、こんなに二輪多いんだろう?
京都からは、またR1を使い、東へ。
鈴鹿峠までは渋滞が何か所かあった。
しかも、道狭い為なかなか通り抜け出来ない。

抜ける時は、意地でも抜いて何とか、鈴鹿峠へ。
ここは一方通行2車線道路だから、上り遅いトラックは抜きまくり、下りに入ると、車も抜き去って行く。
峠を降りたすぐに、道の駅関宿があるので一休み。

この時点で、出発してからすでに四時間経過。

試合間に合わないなぁ。って思いながらも、先日走ったR23を目指す。

道の駅から四日市手前までは、快適な道路。
そこからR23入ると大変な事に!

トラックだらけの渋滞にはまる…。
排気ガス臭いし、暑いし、怖いし。
更に、雨も降ってくる。

途中でR1に戻り、名古屋へ。

市内に入った頃には、12時を過ぎていた。
ちょうど、国道沿いにデンソーがあったから、そこでラジオ購入。
聞きながら、今度は名古屋駅へ。

理由は、おおきな電気屋&大型ビジョン。

確実なのは、電気屋だから、名駅前のエイデンへ。

少しだけ見て、店を出る。

理由は、店内に居づらい。

仕方なく、ゆっくり走りながら、ラジオ観戦。

進む方向は、先月通った『トヨタ博物館』沿いの道路。
そこから、R155を通り、R1へ出る。今回は迷わなかった。

そのR155走ってる最中に、9回表。
ちょうどよく、コンビニあったから止めて、聞いていた。
飲み物買いに店内に入った瞬間、ラジオから、三谷のツーランホームランが聞こえて来る。
思わず、叫びそうになるが必死に押さえた(笑)

外に出て、最後まで聞いていた。

エース同士の対決になり、一人テンション上がりまくり。絶対に怪しく見える。

結局、三振取られ試合終了。

その後は、再出発。
R1に出ると、流れは良かった。

岡崎から豊橋は、片側2車線で道も広いし、信号少ない。
気をつけながらスピードだし、家に着いたのは17:30頃。
なんと、前日の約倍の11時間15分もかかった。距離は、299km走行。
ルートを途中変えたが、こんなに違いが出るとは思わなかったな。

やっぱり、名古屋を抜けるR23が大きいのかな?

さて、明日からは仕事!
長かった連休も、これでお終い。

駒大のおかげで楽しませてくれました。

甲子園行

今回、2回目の甲子園です。

前回、新幹線往復したため今回は、マグナで行くことに。

出発は4時ぴったり。
湖西は田舎な為、不気味なくらい真っ暗で、車の通りも数台のみ。
全開で、R1へ。

さすが早朝。
道路はガラガラだから、ひたすら全開。
途中、事故車両発見。
少し、スピード落とす。

岡崎入ってから、少し明るくなりはじめる。
ここから、R23に切替え、全開。

この国道は、名古屋迂回の流れよい片側3車線。
流れ良過ぎで、みんな100キロオーバー!
原付走って大丈夫か不安になるが、気にせず、ひたすら西へ。朝方の為、交通量も少なく快適に走る事が出来、気がつけば木曾川・揖斐川を通り越し、三重県桑名市に到着。
時計を見ると、ぴったり6時。
なんと2時間で、名古屋を通り越す事が出来たのだ。

コンビニで休憩後、交通量も増えてきたのでR1に変更。(危険を感じた為)
鈴鹿までは知って道だから、全開で行く。
亀山に入ると、道が狭くなり、スピードが落ちる。
そして、鈴鹿峠に入る。
交通量少なかったから、上りは平気。
途中、反対車線と別れ、一方通行の2車線に。

車はいないし、気温はちょっと低くなり、不気味な感じだった。

上って行くと、トラックがいたので安心して、抜かして行く。
最後にトンネルをくぐり抜け、下りに入る。
ここから、ほとんど片側1車線。
でも、流れは悪くない為、軽快に走れた。

滋賀県湖南市で給油し、第2の関門京都へ。
ちょうど、9時近くだった為、交通量は多くなる。

びっくりしたのは、二輪の多さ。

高校の修学旅行で訪れた時、バスガイドに聞いたが、学生(高校生含む)が原付や中型で通学してるらしい。
やたらと、二輪が多いから、一緒に後を着いて行く。
みんな早い。おばさんも、おやぢも、それなりに飛ばしてるし、皆走ってる車の左側を普通に抜かして行く。
まぁ、二輪用車線なのかな?一番左側にあるような感じの作りなんだよね。すごく走りやすい。
すんなり京都を抜け、第3の難関大阪へ。
もう、交通量はすごく多い。
淀川沿いのコンビニに着いた頃には、9時40分。
やばいなぁ、と思い目的地を甲子園から新大阪に切替え。
淀川を渡り、県道使って10:40に新大阪到着。
急いで支度し、地下鉄で梅田駅、そこから前回同様、甲子園へ。
梅田駅の甲子園往復券売り場は、大混雑。
購入後、車両まで小走り。
車内は満員!

甲子園に着くと、時間は11時をすぎていた。駅前で『チケットは完売しました』のアナウンスが…。
でも今回は、たまたま知り合いが来ていた為、先にチケット取って貰った。

待ち合わせの入口に行き、会場の中へ。
ここでびっくり!
もう、人だらけ!
席も取って貰っていたが、前回見てた席より後の狭い席。
身動き出来ないし。膝は前の席に当たるし、ちょっと動くと隣りの人に当たるし、人の熱気で蒸し暑い!

でも、試合が始まると関係なし。

結果は皆みてるはずなので、省略。
ただ、最終から延長にかけてはもう、ヒヤヒヤしながら見てた。
一回が終わる度に、拍手が飛び交う。
延長14回に見せてくれた、斉藤の147kmの剛速球には思わず拍手してしまった。
あと、応援は早稲田凄い!迫力が違う!

歴史的瞬間をみて甲子園を後にした。
帰りは、大変!
電車は乗換えあるにもかかわらず、満員電車。

新大阪に着き、駅内にあるカプセルホテルに入り、すぐにシャワーを浴びる。

その後は、駅内の飲食店で夕飯。

ホテルに戻り、速攻爆睡。

この日はこれでお終い。

おはようございます

20060820_90149.JPG
えっと、4時に湖西出発して、三重県桑名にいます。
105km地点。


プチツーリング。

16日の早朝。
昨日昼過ぎに起きてから寝ないで、ツーリングに出かけた。

当初の目的地は、川根本町にある寸又峡で温泉。
ルートはR1。
原付にはもっとも危険な国道。
バイパスになるとほぼ高速道路と変わらない。まぁ、交互通行がほとんどだから馬鹿みたいにスピード出すのはいないけどね。
袋井まで来ると、風が強いことと、寝不足で体がだるくなる。
R1は朝から交通量が多いから、海沿いのR150を選び、目的地も御前崎に切換える。マグロを喰いたかったからだ。

御前崎に入る頃にコンビニで休憩しながら、マグロの店調べると、昼ぐらいから開店。

その時8:30頃だったから、マグロ諦めて、最初の目的地を目指す。
R150〜R1に抜ける県道を通ると、一面茶畑!
なんだか、やっと静岡県だなって気分になった。

湖西で茶畑見た事ないからね。

R1に近付くと、大井川の横を走るR473に出る。
ここは時間合わせればSLと併走出来ちゃう。
今回は残業ながら、無理だったけどね。

で、この国道…。最初は普通に道広いんだけど、山が近付くと一台通るのがやっとって感じの道なんだよね。
札幌で言ったら、幌見峠みたいな感じのが結構続く。
車いなければ楽しい道路なんだけどね。
途中、川根当たりで開けてきて、また道が狭くなる。
そこを走ってると、道路の真ん中に蛇が…!
間一髪で避ける事が出来た。

それを見た後、なんだか走る気になれなくなって、途中で国道を逸れて、県道を使って川根へ戻る。

国道よりも県道のほうが整備されて走りやすかったよ!

数キロ進むと、県道沿いに道の駅川根温泉に到着。

ゆっくり温泉入って疲れ取ろうと思ったが、不可能だった。
入口から人が凄い!
さすが夏休みって感じ。
500円払い、中に入って浴場を見るとびっくり!

人が溢れてるじゃないか!
大浴場じゃないから仕方ないんだけどさぁ。
良かったと言ったら、露天風呂からSLが見えたことぐらいかなぁ。
疲れ取る所か、余計疲れて来たって感じ。

温泉はすぐ上がり、少し休憩しながら帰りのルートを考える。
外に出ると、鮎の塩焼きが売ってたから即買い!(興味本位でね)
ご飯あれば最高だったんだけどなぁ。
食った後は、すぐ出発。
早く帰りたかったから、R1を全開で駆け抜ける。
信号無いからいいんだけど、結構神経使うんだよなぁ。
後ろの車に迷惑かけないようにとか、警察はいないかとか、風に流されないようにとかさ。
途中、眠気が来て、コンビニで休みながらも、14時ぐらいには浜松に戻る。
途中、買い物して湖西に戻り、先日美容室で教えてくれたショップに行き、オイル交換&チェーン調整やってもらう。

こんな感じで、一日おわったよ。
感想は、大型連休の移動は嫌!って思いましたね。

あ、本当はキャンプツーリングやりたかったんだけど、肝心なキャリアーは見つからず、断念!
取り寄せてもらっても、連休終わってしまうさ。
徐々に、道具揃えていこう。

ちなみに今回の走行距離は、223kmでしたぁ。

温泉♪

今、川湯温泉に来ています。
本当は、もっと奥の寸又峡に行きたかったけど、諦める。

理由は、腰痛い。
しかも、最近夜行性になりつつあるため、朝に寝ないでそのままツーリング。

温泉で疲れをとろう!

伊勢湾ツーリング3日目

20060720_64662.JPG
3日目の朝は晴れてて、暑かったです。

午前中はね。

10:00頃
ホテル出発。
名古屋駅前で写真撮影。(ブログ内に画像あり。探して見よう!)
札幌のJRタワーよりインパクトあるよ。

朝飯を食べる為、喫茶店探すが、開いてない。
駅内入ればあるかもしれないが、荷物くくり付けてるマグナを駅前に止めて離れるのは危険過ぎる。

…という事で、何も喰わず、名古屋城へ。

近いからすぐ着く。
入口へ行き、入場料500円払い中へ。(意外に安い。日光東照宮は3倍近いぞ!)
暑い中、広い敷地内を城へ向かって歩いて行く。

最初は、『城の中は入れないだろう』と、思い近付くと入口がちゃんとある。

小天守閣から入り、橋台を通って天守閣へ。

すると、中は予想外の作りになっている。
だって、エレベーターやらエアコンやら、普通の建物の装備してるんだもん。

とりあえず、一番上まで行き、展望室で市内を眺める。

すぐに飽きる。

あとは、階段を使い降りて、各階を見渡して行く。

で、謎が解った。
何故、エレベーター等があった理由は、再建されたそうで。

第二次大戦の空爆で天守閣や小天守閣、正門、本丸御殿は焼失。
天守閣が焼かれてる姿の写真が張り出されてた。

初めて知ったよ。再建されたなんて。
本丸御殿は、復元する為に市民や観光客からの寄付を募っている。

完成はたしか2010年の予定だったかな?


12:00過ぎてから、名古屋城を出て、東に向かう。

次の目的地は、トヨタ博物館。

入場料は1000円。中に入って、出迎えてくれるのは、またまた綺麗なお姉さ…いやいや、出迎えてくれた車は、トヨダAA型乗用車。
エンブレムが『豊田』って漢字なんだよね。雑誌で見た事はあるけど、実物は初めて見た。
その後、2階へ上り欧米車展示場へ。
クラシックカーがたくさん展示されていた。
一番びっくりしたのが、最初の自動車の『ベンツ パテントモーターゲン』?があった事。
グランツーリスモ4でしか見た事無いよ。

次は3階の日本車展示場。

ここは、ほとんど赤平で見てるような車両がいっぱいいますよ。

でも、さすがトヨタ博物館。
全て綺麗な車両ばかり(当たり前か)
メーカー問わず、歴史ある車がずらりと並んである。
ここで注目の車は『筑波号』だったなぁ。詳しくないけどさぁ。
あ、TOYOTA7もカッコいいし良かった。ただ、プリンスR380が隣りに無かったのはショックだ。
何故札幌に行ってるんだよ!

気になる車は、ホンダN360や、マツダキャロル、ダイハツのなんだっけ?思い出せない!
の3台だなぁ。

次に、新館へ行く。
ここは、『生活と車』を主に展示。
当時の生活雑貨や車を各ゾーンごとにわけられている。
ここに、あのカブがいたのだ!

と、車好きは当たり前、好きじゃなくても一日中楽しめるトヨタ博物館。俺はまだ見足りなかった。

この他にも、産業技術記念館、トヨタ鞍ヶ池記念館、トヨタ会館、豊田佐吉記念館(家の側にあったりする)がある。
ホンダだって、コレクションホールがあるのに何故スズキはそうゆう施設無いんだろう?

話を戻そう。
トヨタ博物館で車を見てる最中に、凄い音が響き渡る。

雨です。しかも雷までなってる…。
すぐに止むと思い、ゆっくりと館内を見渡す。

そろそろ大丈夫かなって頃に、マグナに戻り出発準備してたら、また降ってきた。

時間もなくなって来たから、レインスーツを着用し、再出発。
次は、岡崎市へ向かう。

その道中で、事件は起こる。

道に迷ったのだ(笑)

これには原因がある。
まず、トヨタ博物館から岡崎に抜ける国道155号線は、ツーリングマップルのページ真ん中に位置する。

物凄く見にくいのだ。更にタンクバックに入ってるから、尚更見にくい。外に出すと雨で濡れる。
最悪な状況だった。
本当は、そのまま真っ直ぐ行くと、R248に出るのに、いつの間にかR155の隣りのR153に出て、北上してた。

地図をきちんと確認し、進路修正。
なんとか、岡崎市に入る。
ここでの用事は、バイク雑誌『モトモト』で企画連載中のジャズで紹介されていた、ショップSTEP1でマグナのカスタム相談の為。
ここに、マグナのトライクが展示されてるのだ!

オーナーは凄く感じいい方で、なんでも丁寧に答えてくれた。『リアホイールを別物に変えるのも、縦型エンジン積むのも全部出来るよ』と言う。なんて心強いショップなんだ。でも、湖西から50kmあるからなぁ。オーナーさんに浜松か、豊橋で一回探して見たら?と言われた。

カスタムするのにショップに預けるならこうゆうお店がいいよなぁ。
DAX率の多い浜松で見つけて見るか。
時間も遅くなってきたので、店を出る。
外は雨止んでたので、レインスーツを脱ぎ、湖西に向かう。

途中、セブンによって腹ごしらえ。
この日、初めての食べ物。
車見て興奮して、腹減ってたの忘れてた。

その後、R1を使い湖西に向かう。
道が整備されてる為、常に全開。

家に着いたのは、20:12だった。

最終日の走行距離は122km

3日間の走行距離は399km
使用燃料は、初日の浜松給油除き、9、7リッター
距離は、浜松給油後368km走り、リッター37、94kmでした。こんなもんかな?
目的の食べ物は食べれなかったが、この3日間楽しかったよ。

腕は真っ赤になり腫れてました。

次からは暑くても長袖だな。

来月の連休はどこに行こうかな?
今度は、ちゃんとした温泉に入りたい。

日光リベンジしてみるかな。片道500km

いや、やめよう。

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM